知られざるプチ整形の世界。安全で効果大の施術たち

人気の二重手術

施術線

もっとも人気の高いプチ整形が、埋没法と呼ばれる二重手術です。
このプチ整形は、メイク感覚で受けられるとあって、人気が集まっているのです。
埋没法は、特殊な医療用の糸を用いてまぶたを留め、二重を作る施術のことを指します。
切開する方法に比べるとダウンタイムが短く、施術直後でも腫れはほとんど目立ちません。
メイクや入浴に関しては翌日から、シャワーだけであれば当日から可能となっています。
日常生活に支障をあたえるリスクは、非常に少なくなっています。
糸を摘出してしまえば、元通りの顔に戻れるというのも大きなメリットです。
例えば、希望する二重の形を再度変えたいというときにも、糸を取って再度施術を受けることができます。
施術自体は15分で終わり、その後のケアに関してもまぶたを冷やすのみです。
手入れの心配もなく、憧れの二重が手に入れられるのです。
ただ、時間が経過するにつれて糸が緩み、二重がキープできなくなることがあります。
そのため、目をこすったり強くマッサージしたりして、大きな負担を掛けないようにする必要があります。
もし、糸が取れてしまったとしても、しっかりと癖が付いていれば一重に戻ることはありません。
このプチ整形を行う前にまぶたの脂肪吸引を受けることが勧められます。
というのも、まぶたの脂肪が多い人だと埋没法での施術が難しいためです。
その脂肪吸引に関しても傷跡が残るようなことはなく、安価で受けられます。
このプチ整形を行うときには、まぶたに局部麻酔を打ちます。
多くの美容外科では局部麻酔の前に麻酔クリームなどを用いて、注射の痛みを軽減させられるようにしています。
しかし、それでも不安が残るというのであれば、ほかの麻酔をしてもらえないか相談してみましょう。
追加費用は必要になりますが、心配は必要なくなります。
もちろん、注射も痛みがないようにごく細のものが用意されています。
一重に悩む女性にとってメリットが多々あるプチ整形なのです。